敏感肌に負けない40代のエイジングケア

40代の敏感肌の方に向けたエイジングケアの情報をお届けしています

化粧品の成分

ディセンシア アヤナスはアルコール不使用で敏感肌にやさしい / 敏感肌のスキンケア

投稿日:2015年5月17日 更新日:

3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s

化粧品を選んでると見かける「アルコールフリー(不使用)」

化粧品の成分に詳しくない方だと、

「わざわざ強調しているということは、

アルコールフリーだと肌にやさしいんだな」

というくらいの認識ではないでしょうか。


実際に敏感肌や乾燥肌の方には、

アルコールフリーの化粧品はおすすめ
です。


ということで、

「敏感肌ならアルコールフリーの化粧品を使おう!」


こんな感じで、

アルコールフリーの化粧品を使ってもいいと思います。


でも、

化粧品に含まれるアルコールについて、

少し知識を広めてみませんか?


アルコールの事が分かれば、

化粧品選びの時にも役立つと思います。



それでは、

化粧品に含まれるアルコールについてご説明しますね。


まず、

化粧品に含まれるアルコールは、

私たちが飲んでいるアルコールとは全然違うものです。


化粧品に含まれるアルコールとは、

エチルアルコール」のこと。


成分表示では「エタノール」と記載されます。



では、

なぜアルコールフリーの化粧品が、

敏感肌や乾燥肌におすすめなんでしょうか?



アルコールフリーの化粧品が良い理由

アルコール(エタノール)は揮発性があり、

周りの水分と共に気化する性質があります。

という事は・・・

アルコール(エタノール)が配合されている化粧品をお肌につけると、

お肌の水分を奪いながら気化していくということになります。



じゃあ、何でアルコールが配合された化粧品があるの?


そう、思いますよね。


化粧品にアルコールが使われる理由

・アルコールは殺菌作用がある

・アルコール(エタノール)を配合すると、浸透感や爽快感を得られる

・水や油に溶けにくい成分を溶かすことができる


例えば、

化粧水をお肌に付けて、

スーっと浸透していき、

ベタつかないものってありますよね。


特にサッパリ系の化粧水や、

夏用の化粧品に多く見られます。


これらは、

アルコール(エタノール)の性質を利用している事が多いんです。


化粧品に含まれるアルコール(エタノール)は、

実は思っているほど悪者ではありません。


ただ、

気を付けたいのは、

アルコール(エタノール)が高配合されている化粧品。


成分表を見た時に、

アルコール(エタノール)が、

初めの方に記載されているものです。


例えば、

水、エタノール、BG、・・・

このような場合、

アルコール(エタノール)が水の次に多く含まれています。


アルコールフリーの化粧品が良い理由まとめ

化粧品に含まれるアルコール(エタノール)は、

配合するメリットもあるが、

お肌の水分を奪いやすい。


また、

アレルギー反応が出てしまう可能性もあるので、

敏感肌やアレルギー体質の方は注意が必要です。



アルコールフリーのおすすめ化粧品め

アルコールフリーで敏感肌の方が安心して使える化粧品で、

おすすめなのがディセンシア アヤナス

%e3%82%a2%e3%83%a4%e3%83%8a%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

出典:https://www.decencia.co.jp


アルコール不使用なので、

お肌の水分を奪うこと無く、

しっかり保湿してくれます。


しかも、

アレルギーテストや皮膚科医立会いテスト承認済みを経て、

全てクリアしたものだけを販売しているそうです。


敏感肌の方でも安心してお使いいただけるのではないでしょうか。


また、

万が一お肌に合わない場合は、

30日以内全額返金保証があります。


ただし、

返品交換をするための条件等あると思いますので、

ご注意下さいね。


[ 関連記事 ] 敏感肌なら知っておきたい!アルコールフリー化粧品のアルコールとは?

お肌にやさしいアルコールフリーのディセンシア アヤナス



-化粧品の成分

執筆者:

関連記事

no image

敏感肌ならパラベンフリーが安心 ?!/ 敏感肌の化粧品選び

パラベンフリーの化粧品は安心! このようにパラベンフリー化粧品に、安心感を覚えていませんか? でも実は、 パラベンは化粧品の防腐剤として、最も安心できる防腐剤とも言われています。 そもそもパラベンって …

no image

敏感肌のクレンジング / 覚えておきたい界面活性剤とクレンジングの種類

「界面活性剤が肌に刺激を与える」というようなことを耳にしたことはありませんか? 界面活性剤はなんとなく、肌に悪いんだろうなというくらいの認識はみなさんあるかもしれませんね。 界面活性剤ってなに? 混ざ …

no image

無添加化粧品は本当はお肌にやさしくないかも?! / 敏感肌がトラブルを起こさないために

無添加化粧品は、敏感肌の方はもちろん、ノーマルなお肌の方でも、 とても良いイメージがあるのではないでしょうか。 無添加化粧品で大切なのは、何が無添加なのかです。 化粧品の成分に詳しい方だったら、 もち …

no image

敏感肌に必要な保湿成分 / セラミドだけじゃない!保湿成分は色々あります

保湿成分は色々とありますが、大きく3つに分けることができます。 代表的な成分をご紹介しようと思います。 ● 水分をはさみこむタイプの成分 3種類の中で1番の保湿力があります。敏感肌や乾燥肌でお悩みの方 …

no image

敏感肌になりたくない方へ / お肌のバリア機能をアップさせましょう

敏感肌の原因にお肌のバリア機能の低下があります。 バリア機能と聞いて、なんとなくしか分からない、という方のために ここではバリア機能について少しご説明しようと思います。 バリア機能とは、肌表面のいちば …