敏感肌に負けない40代のエイジングケア

40代の敏感肌の方に向けたエイジングケアの情報をお届けしています

化粧品の成分

パラベンは本当に悪い成分? / 敏感肌にやさしいスキンケア

投稿日:2015年4月28日 更新日:

3f594b0c70983aa1dc719201827c343a_s
「パラベンフリー化粧品は、お肌にやさしい化粧品 」

このように思われる方は多いのではないでしょうか。


特に敏感肌の方でしたら、パラベンフリーの化粧品を選んでいる方が多いかもしれませんね。


なぜそんなに、パラベンが悪いイメージなのでしょうか?


ここでは、パラベンが本当にお肌に悪い影響を与えるのか、確認していきましょう!


まずはじめに、

パラベンとは?

“パラオキシベンゾエート(パラオキシ安息香酸エステル)”の略称。

石油系由来の成分で、シャンプーや化粧品に使われる防腐剤の役割をします。


なぜ、パラベンのイメージが悪いの?

2001年まで化粧品の成分は、全て表記する必要がありませんでした。

しかし、

アレルギーを起こす可能性がある成分は、表記しなければならず、この旧表示指定成分にパラベンが入っていたからです。

30~40年前のパラベンは、確かにアレルギーを起こしたり、皮膚のトラブルが相次いでいたそうです。

これらのことから、パラベンに悪いイメージがついてしまったんですね。


しかし、

パラベンを化粧品の防腐剤として使用する分には、何も問題がないという意見もあります。


パラベンに問題がないといわれる理由

・他の成分と組み合わせることでパラベンの濃度を下げる技術が確立されている

・化粧品に使用する量が1%未満と制限されている
 (多くの化粧品は、0.1~0.3%の配合量)

・パラベンのパッチテストで反応が出たのは1000人に約2人

・パラベンは食品、飲料水、医薬品にも使われている

・パラベンは体内に取り込まれると分解され、体外に排出される


これらを踏まえると、

パラベンが必ずしも、お肌に悪い影響を与える訳ではないようです。


ただ、

パラベンでアレルギー反応が起きてしまう

お肌のトラブルが起きてしまう

このような方はいらっしゃると思います。


パラベンが絶対に安全とも言い切れませんので、参考にしていただければ幸いです。



[ 関連記事 ] ・やっぱりパラベンフリーが安心 / 敏感肌の化粧品選び



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8753597566735076"
data-ad-slot="1955032316"
data-ad-format="auto">

-化粧品の成分

執筆者:

関連記事

no image

フコイダンのアンチエイジング効果がスゴイ!芸能人のファンも多い美容液とは?

今話題の成分「フコイダン」は、健康にも美容にも、ダイエットにも効果があるスーパー成分なんです! また、フコイダンは、抗がん作用もあるとして、医療関係でも注目されています。 フコイダンとは? コンブやワ …

no image

敏感肌になりたくない方へ / お肌のバリア機能をアップさせましょう

敏感肌の原因にお肌のバリア機能の低下があります。 バリア機能と聞いて、なんとなくしか分からない、という方のために ここではバリア機能について少しご説明しようと思います。 バリア機能とは、肌表面のいちば …

no image

敏感肌のUVケア .2 / 紫外線吸収剤は、敏感肌の方におすすめできません

日焼け止めのことが分かったら、 敏感肌のための日焼け止めの選び方を確認していきましょう。 まず、紫外線吸収剤と紫外線錯乱剤で確認しましょう。 どちらがいいの?となると、 敏感肌の方は、紫外線吸収剤が使 …

no image

敏感肌ならパラベンフリーが安心 ?!/ 敏感肌の化粧品選び

パラベンフリーの化粧品は安心! このようにパラベンフリー化粧品に、安心感を覚えていませんか? でも実は、 パラベンは化粧品の防腐剤として、最も安心できる防腐剤とも言われています。 そもそもパラベンって …

no image

アルコールフリー化粧品のアルコールとは?/敏感肌なら知っておきたい化粧品成分

化粧品でアルコールフリー(不使用)と表記されていると、刺激がなくて、お肌にやさしい化粧品のような気がしませんか? その通りです! アルコールフリーの化粧品は、お肌に良い化粧品に間違いありません。 この …