敏感肌に負けない40代のエイジングケア

40代の敏感肌の方に向けたエイジングケアの情報をお届けしています

敏感肌のUVケア

日焼け止め効果をアップさせる肌にやさしいUVケアとは?/敏感肌のUVケア.4

投稿日:2015年4月11日 更新日:

紫外線が強い夏のUVケアといえば、日焼け止めですね!

b564ef9cc01aa2a3979d9acdfa0a4dfc_s
日焼け止めのSPFやPAの数値が高いものを使えば大丈夫と思っていませんか?


日焼け止めのSPFや、PAの数値ばかりに気を取られていると、お肌は悲鳴をあげているかもしれません。

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s

確かに、SPFやPAの数値が高ければ、UVケアの効果は上がります。

しかし、その分お肌に負担がかかってしまうものが多いんです。


肌に負担を与える日焼け止めって?

紫外線吸収剤を使用した日焼け止め

理由は、肌の上で化学変化を起こして、紫外線からお肌を守るため、肌への負担が大きいんです。


SPFやPAの数値が高いものに、紫外線吸収剤を使用している日焼け止めが多くあります。

紫外線吸収剤は肌に負担を与えますが、メリットもあります。


紫外線吸収剤のメリット

・白浮きしない

・伸びが良い

以上のことから、紫外線吸収剤は使いやすいんです。


紫外線吸収剤の日焼け止めは、海やキャンプなど1日中紫外線を浴びてしまうような日だけに使用するくらいならいいのですが、毎日使う日焼け止めとしてはおすすめしません。


6b90de5bc8feeaf785bc092fee4b3afc_s

長い目で考えると、毎日使う日焼け止めは肌にやさしいものにしましょう!



お肌にやさしいUVケアとは?

・紫外線散乱剤の日焼け止めを使う

・パウダーファンデーションを使う

89b3c0fff7f8d18cb25c70a2080e91cd_s

紫外線散乱剤の日焼け止めって?

・肌の上で紫外線を反射させて、紫外線から肌を守る日焼け止め

・物理的に紫外線から肌を守るので、肌への刺激になりにくい



紫外線散乱剤の代表的な成分

酸化チタン

酸化亜鉛

酸化セリウム

カオリン

タルク

など・・・


パウダーファンデーションがなぜいいの?

UV効果が無いものでも、紫外線を跳ね返す効果があるから。

理由は、

パウダーファンデーションの色粉が、紫外線散乱剤と似ているからなんです。

SPF○○など日焼け止め効果が表記されていなくても、UVカット効果があるんです。


コンパクトと女性
ちなみに、リキッドファンデーションやクリームタイプのファンデーションは界面活性剤の配合量が多いので、肌あれの原因になることもあるので、敏感肌の方にはパウダーファンデーションがおすすめです。


また、

パウダーファンデーションでも、SPFの数値が高く、UV効果をうたったものがあります。

このようなファンデーションだと、紫外線吸収剤が含まれていることがあるので気をつけましょうね。



紫外線吸収剤の代表的な成分

・t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン

・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

・オキシベンゾン-3

など

国内で売られている紫外線吸収剤の日焼け止めの約7割に、上記3つのうちどれかが含まれているそうです。


いかがですか?

パウダーファンデーションにUVカットの効果があるなんて、意外だったのではないでしょうか。


3f594b0c70983aa1dc719201827c343a_s


また、

パウダーファンデーションをミネラルファンデーションに変えれば、より肌に負担をかけなくてすみます。


ミネラルファンデーションって?

マイカ、酸化チタン、酸化鉄、酸化亜鉛など天然の鉱物(ミネラル)を主成分にしたパウダーファンデーション

シリコンやタルク、界面活性剤、オイルを配合していないため、クレンジング剤を使用しなくても落とせる


ミネラルファンデーションは「つけたまま眠れる」「24h落とさなくてもOK」といわれるほど、お肌にやさしいファンデーションなんです。


0dc73ae7b913bb826cbcf819e18020e7_s

やさしいUVケアまとめ

敏感肌の方や、肌の調子が悪い時は、紫外線錯乱剤の日焼け止めに、パウダーファンデーションを重ねるといったベースメイクがおすすめです。

さらに、やさしいUVケアにするなら、パウダーファンデーションをミネラルファンデーションに変えるとよりベスト!






[ 関連記事 ] 敏感肌のUVケア.1 / 日焼け止めの「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」を知りましょう
敏感肌のUVケア.2 / 紫外線吸収剤は、敏感肌の方におすすめできません
敏感肌のUVケア.3 / 目の日焼けがお肌の日焼けに!サングラスをかけましょう
敏感肌のUVケア.5 / オーガニックコスメの日焼け止めが気になる方へ
敏感肌のUVケア.6 / 老化の原因「糖化」に紫外線が影響します


-敏感肌のUVケア

執筆者:

関連記事

no image

HANAオーガニック ウエアルーUVはノンケミカルでお肌にやさしい /敏感肌の日焼け止め

敏感肌の方だけでなく、全ての方のお肌にとって、 紫外線を浴びてしまうとダメージを受けてしまいます。 ダメージを受けないためにも、UVケアをしっかり行いましょう。 UVケアというと、日焼け止めを塗るわけ …

no image

敏感肌のUVケア.3 / 目の日焼けがお肌の日焼けに!サングラスをかけましょう

もうご存知の方も多いと思いますが、UVケアはお肌だけではダメなんです。 目にもUVケアをしてあげないといけません。 目が日焼けをすると、肌を守るためにメラニン色素を作れと、脳がお肌に指示を出すのだそう …

no image

更年期になると心配な骨祖鬆症(こつそしょうしょう)にならないために紫外線は大切?/ 敏感肌のUVケア

『 骨の健康のために太陽に当たることが大切 』と聞いたことがある方が多いのではないでしょうか? 実際に私の周りでも、『 今の人は日に当たらないようにしすぎ!』なんて仰っている大先輩もいらっしゃいました …

no image

敏感肌のUVケア.5 / オーガニックコスメの日焼け止めが気になる方へ

敏感肌の方がオーガニックコスメを使用する場合は、注意が必要だとご説明しましたが、 敏感肌の方にとって化学物質が含まれないなどのオーガニックコスメは やはり魅力的なのではないでしょうか。 そのような方に …

no image

シミ、しわ、肌の老化を早めてしまう紫外線からお肌を守るために大切なこと/敏感肌のUVケア

お肌の老化を感じさせてしまう、シミ、シワ、たるみ・・・ 年齢を重ねれば避けては通れない老化ですが、なるべくシミやシワができないように、または、なるべく遅らせるようにしたいものです。 それには日々のスキ …