敏感肌に負けない40代のエイジングケア

40代の敏感肌の方に向けたエイジングケアの情報をお届けしています

敏感肌の腸活ライフ

手作り甘酒は体にもお財布にも優しい!甘酒の作り方/敏感肌の腸活ライフ

投稿日:2018年2月4日 更新日:

甘酒は飲む点滴と呼ばれるくらい栄養価が高く、美容効果もあるということで注目されています。

スーパーでもよく見かけるようになりましたね。

既製品の甘酒は手軽に飲めて便利ですが、飲みやすくするために砂糖や人工甘味料が加えてあったり、添加物が含まれていたりします。

体のことを考えたら無添加の手作り甘酒がおすすめです。

しかも、スーパーなどで購入するよりも安く甘酒を作ることができるので、お財布にも優しいです。

甘酒には種類があります

甘酒は米麹で作ったものと、酒粕で作ったものがあります。

米麹の甘酒
・米と麹、お湯で出来ている
・アルコール成分なし
※米麹:蒸したお米に麹菌を繁殖させたもの

酒粕の甘酒
・酒粕をお湯で溶き砂糖を加えたもの
・アルコール成分あり
※酒粕:米麹に酵母菌を加え発酵させてできたもの

米麹で作った甘酒の効果

・美肌効果
・免疫力を高める
・疲労回復
・便秘解消
・ダイエット効果

甘酒レシピ

米麹で作る甘酒の作り方をご紹介します。

用意するもの

・米麹:200g
・計量カップ
・温度計
・ふきん
・炊飯器

写真には写っていませんが、炊飯器を使って甘酒を造ります。

温度計を持っていない方も多いと思いますが、ダイソーなどの100均で購入できます。

また、濃厚な甘さの甘酒がお好みの方は、お粥をプラスして作るレシピもあります。

甘酒作りには温度計は必須アイテムなので、必ず用意して下さいね。

私がいつも使っている白雪印の米麹です。

色々試してみましたが、白雪印の米麹は1回の甘酒作りに必要な200gずつ袋に入っています。

米麹を計量しなくて済むのでラクチンです。

ちなみに、白雪印の乾燥米麹は、200g入りの米麹が4袋セットされて950円(税込)。

1袋あたり220円(税抜)です。

私は甘酒を1日1回飲むのですが、米麹1袋で作った甘酒は5~6日分になります。

既製品の甘酒を買うより、自分で作った甘酒を飲む方がコスパは断然お得です。

>>> 白雪印 こうじ(乾燥) 200g×4 国内産米使用

袋の中の米麹はこんな感じで、乾燥してある米麹です。

作り方

先ほどの米麹を炊飯器の中に投入します。

65度のお湯を用意します。

このお湯の温度65度が重要なポイントです。

なぜお湯の温度が重要なのかというと、お湯の温度が低すぎると米麹の酵素の働きが鈍くなってしまいます

また、お湯の温度が70度を超えると酵素が死んでしまうんです。

面倒でも温度計を使ってお湯の温度を測ってくださいね。

炊飯器の米麹にお湯を入れるとこんな感じになります。

キレイなスプーンなどでかきまぜます。

炊飯器を保温にセットします。

そして、フタはせずに濡れふきんをかぶせます。

あとはそのまま放置。

気が付いた時などでいいので、たまにかき混ぜてあげます。

3時間経過したものです。

まだ米麹のつぶつぶがハッキリしていて、硬そうです。

8時間経過したものです。

見た目はおかゆのようです。

米麹で作る甘酒レシピのほとんどが8時間で完成と書かれてありますが、私はもっと発酵させたいのでさらに放置します。

使用する炊飯器の保温の温度や、気温などで発酵具合が変わると思いますので、様子を見ながら調整してみて下さい。

10時間経過したものです。

8時間のものより米麹の粒がなくなっています。

米麹で作る甘酒の完成です!

炊飯器から出してタッパーに移し変え、あら熱を取ります。

あとは冷蔵庫で保存

だいたい1週間を目安に飲みきってください

完成した甘酒です。

夏は冷蔵庫から出して冷たいまま、冬は温めて飲んでいます。

おすすめの甘酒の飲み方

手作り甘酒は市販のものより、ドロっとしています。

これが苦手という方も多いかもしれませんね。

私のおすすめは豆乳割り

甘酒を豆乳で割ることによって、サラっと飲みやすくなりますよ。

甘酒でスペシャルドリンク

手作り甘酒のおすすめの飲み方を先ほど紹介しましたが、私は更に甘酒をスペシャルなドリンクにして毎日飲んでいます。

そのスペシャルドリンクとは、甘酒に豆乳、ヨーグルト、粉末の青汁を混ぜたスペシャルな甘酒ドリンク

豆乳やヨーグルトの分量は適当です。

見た目は抹茶のデザートのよう。

美味しいのでお昼ごはんのデザートとして毎日飲んでいます。

手作り甘酒を飲み続けた感想

手作り甘酒を飲むようになって半年経ちましたが、最近会った友達に『肌にツヤがあるね』と言われました。

これは甘酒効果かも。

あとは便通が良くなり、風邪を引きにくくなりました。

便通が良くなったせいか、肌あれしがちだった敏感肌もマシになってきたような・・・。

甘酒を飲み始めていいことだらけです。

なんといっても美味しいので、甘酒を飲むのが毎日楽しみです。

ただ、美味しいからといって飲みすぎには注意しましょうね。


いかがでしたでしょうか?

手作り甘酒は時間さえあれば簡単にできます。

添加物が一切入らない手作り甘酒は、体にもお財布にもやさしい甘酒です。

甘酒で腸活ライフを始めてみてはいかがでしょうか。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よろしければポチっとお願いします♪
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 美容ブログ 敏感肌へ
にほんブログ村


-敏感肌の腸活ライフ

執筆者:

関連記事

ぜいたくレッドスムージー・スーパーフードも配合された手軽に作れるスムージーで腸と肌のエイジングケア

美容と健康に意識が高い人の中で、スムージーを飲んでいるという方は多いのではないでしょうか。 ただ、スムージーをイチから自分で作るのは大変。 手軽にスムージーが作れたらいいですよね。 今日は手軽で簡単に …